No perfume No Life

Perfumeの「Perfume」

2009年11月15日 / 未設定

最近、やっと動画サイトから合法にダウンロードした「パッ×6 Perfume」を見始めました。
いや~若いね3人とも。
2006年~2007年の番組のようですね、当時のライブ映像を豊富に見る事ができます。
17歳、18歳で「アノ」オーラと言うか…ダイナミックと言うか荒削りだけど凄みを感じるダンスパフォーマンス、生声が強く…でもダンスをしてるブレが出ていない歌声…
恐らく、誰でも感じられる程「次元が違う」感じ…
やっぱりソコにも今と変わらず、不貞腐れる事無く…なめる事無く戦っている姿がありました。
その番組の中で「木の子」さんのインタビューがありまして、いくつかの楽曲の歌詞について語っておられました。
「Perfume」と言う曲について語っている場面で、あぁ~木の子さんもPerfumeの事を本当に考えていて下さった方なんだなって思いました。
「Perfume」という曲はメンバーが書いて下さいってお願いした楽曲で、受けた時はPefumeだって感じた曲があったら書くねって言ったらしいです。
その歌詞の持つ意味について…
『Perfume「香水」って、時間とともに香りに変化するじゃないですか、着け初めは「トップノート」、中間には「ミドルノート」、終わり頃には「ラストノート」と言う風に。
その時の香りは、その時にしか嗅げない香りなんです。
Perfumeも大人になるにつれて色々と変わってくるでしょう、楽曲に関しても、ファンも当然変わってくるでしょう』
これって、あ~ちゃんの一時期のインタビューに載った事と同じですよね…
あ~ちゃんは、やっぱり自分達の事を冷静に見る事ができる人…
だから、ファンやスタッフの人達に対しておごる事無く誠実にいれるのでしょうね。
そして、この「その時にしか嗅げない香り」と言う言葉…
道夏大陸の方が作られた「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!」DVDのCMで流れたメッセージ
「だったら躊躇する理由はどこにもない モタモタしてると彼女達を見過ごして時代が過ぎて行ってしまう 急ごう 彼女達にひたすら夢中になろう」
そう、彼女達はアイドルと違って「永遠に変わらないでいる」事は無い、変化を…進化をし続けるアーティストだと思う。
進化し続ける彼女達の今を楽しもう…そして、感じよう…
そのPerfumeは今しか感じる事ができない「香り」なのだから

“Perfumeの「Perfume」” への2件のフィードバック

  1. あんまりにも美しい記事なので、思わず仕事の休憩時間に書き込んでしまいます(-。-;)
     
    のっちが仙台で購入したという おもいでエマノン という漫画 そのなかでこんなふうな台詞がありました
     どんなに長く一緒に暮らしていようと、ほんの短い出会いであっても、忘れられることがなかったら、それは永遠といっていい時間だ
    きっと 変わってしまう という前提があるから、一瞬を大切にしているのでしょうね でもperfumeのつくりあげる一瞬は、私の心に強く刻まれるのでしょうね

  2. 風来坊 より:

    セラミックおじさん、お元気ですか~! BLOG拝見してます!!
    「美しい記事」だなんて…もったいないお言葉です。
    最近、過去の物をよくよく見始めているんですが、ブレイクする前のスタッフの方のコメントとかを目にすると、本当にPerfumeを愛してくれていて、真剣に先の事まで考えて下さっていた事に目頭が熱くなります。
    >きっと 変わってしまう という前提があるから、一瞬を大切にしているのでしょうね でもperfumeのつくりあげる一瞬は、私の心に強く刻まれるのでしょうね
    これは、本当にそう思います。
    一瞬しかないって無意識でわかってしまっているから、一瞬でも「しっかり」と刻まれるんでしょうね。
    また、遊びにきて下さい!
    私もお邪魔させて頂きますから(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最近のコメント

TOPへ戻る