No perfume No Life

彼は「戦士」とつぶやいた…

2010年1月20日 / Perfume

Liveでは、颯爽と一番に舞台を降りる彼女…。
周りからは「クール」だとか「男前」だとか言われている。
でも、彼女の「本当」は、もしかしたら誰にも見せた事が無いかもしれない。
感情をあらわにする事に慣れていない…いや、見せたくないのだと思う。
「あの」関さんでさえ、本気で笑ってるのは初めて見たと言ったくらい。
ラジオでは、酔った自分を必死で隠すとまで言っていた。
私には、彼女が甘える気持ちを押さえる事に必死になっているように見えるんです。
本当はLiveが終わった後も、ずっと会場の皆と居たいんじゃないかな…
でも、出来ない事は分かっているから…
叶わないのが分かっているから…
甘えが出る前に、その場から去って行く。
誰よりも早く。
本当は甘えたいけれど、今の自分は違うと感じるから…
そんな気持ちが本物になる前に、そんな素振りはハナから出さない。
半端な事になるくらいならバッサリと…
一人っ子が、独自に学んで染み付いた、「ガッカリ」しないで明るく生きる方法…
自分をしっかりと持つための方法…
そう言えば
PTAのムービーで、ホテルの窓辺の撮影で関さんがファインダーを覗きながら
「戦士みたい…」
って言っていたっけ。
まだまだ、目標に向かって頑張っているんだ。
戦士が本当の自分を出せるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。
でも、今はそれで良いと思う。
戦士の名は「のっち(大本彩乃)」
あ~ちゃんと同じくらい「女の子」だって思ってます…
私は…
勘違いかもしれないけどね(^^;

“彼は「戦士」とつぶやいた…” への2件のフィードバック

  1. ルミナス より:

    のっちが女の子らしく見えた時はPerfumeが、またのっち自身が大きく進化した時ということでしょうか。
    内心、のっちにすこしのかわいらしさがあったらどんなに魅力的だろうとは思ってました。
    Perfumeは夢を追い続けるがゆえに戦士であり続けなければならないと思うので、いつか心の糸をほぐすことができるのかどうか心配です(´・ω・`)
    せめてPerfume最後の時くらいは甘えるのっち、見せてほしいですね^^
    話が大きくなりすぎてしまったでしょうか^^;
    ベネッセの、センターの自己採点と過去の記述模試を合わせて判定するシステムで第一志望A判定でした。
    ほっとしたと同時にまだまだ頑張るぞと思ってはいるものの、どうしても油断している自分がいることが否定できません。
    あと一カ月、なんとか自分をいじめぬきたいと思います。

  2. 風来坊 より:

    ルミナスさん いらっしゃい!
    甘えるのっち…いつか見てみたいですよネ~
    夢や目標に向かって走っている限り、戦士であり続けなければならないとは思いますが、「戦士の休日」も必要だと思いますから、のっちに限らずOFF日はキチンとOFFで過ごさないとネ。
    判定システムでA判定が出たんですね!! おめでとう!!!!!
    でも、確かに油断は禁物ですよね…
    そんな時は、もう一度「そこへ目指す事の意味」をもう一度見据え直してみては如何でしょうか?
    一ヶ月なんて「あっ」と言う間に過ぎてしまいます。
    「自分をいじめぬく」機会は今後ないと思いますから思いっきりイジメぬいて夢に向かって走り抜いて下さい!
    頑張れ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最近のコメント

TOPへ戻る