No perfume No Life

Live参戦中のツイート

2015年9月30日 / Perfume

どもっ。お久し振りです。
私がLive参戦中のツイートで、Perfumeの音響に詳しい方には
『何を詳しくも無い奴が上から目線で物を言ってるな』と…
きっと不愉快だったでしょう。
でも、流したツイートに関しては偽り無く感じた物を書きました。
基本的には素人ですが
いろんな音は耳に流し込んできたつもりです。
PerfumeのLiveで、いつも感じてたことがある。
Perfume 3人のダンスや緩いMC。そして中田さんの作り上げた楽曲…
そして、関わって頂いている沢山のスタッフさんで成り立っていますが、
2つほど表にでる仕事があると思います。
照明と音響です。
その中で、個人的に難しいと思っているのが『音響』です。
音って言うのは、聞いた人それぞれに感じ方が違いますし、聞いた場所によっても変わると思います。
その調整をする『人』が変わったとなったら、音も当然変わってくると思います。
たとえ、一緒に仕事をしていた人でも、どんなにベテランでも。
今回のLiveから音響のシステムも変わったらしく、どの場所でも良い音で聞けるように調整が可能な物を導入したようです。
単純に考えて、機材が変わってなければ以前の蓄積から『それなり』の音は出せるでしょう。
でも今回は、担当の『人』と『機材』が変わりました。
どう考えても、音が変わっても不思議ではないと思います。
私は、幸いな事に
過去にPerfumeの武道館公演へ参加したことがあります。
開場前の武道館からは、本当にガラスが割れるんじゃなかろうかと思うほど細かくビリビリと震えていました。
武道館の中では、ニヤけるほど低音の利いた『爆音』だったのを覚えています。
だからこそ、音漏れでも楽しめたんだろうとも思っています。
では今回、初日。
分かりやすく大袈裟に言えば『ライブビューイング級』の音に感じました。
もし、この音で行くのであればLiveのBDを家庭用のサウンドシステムで十分。
でもPerfumeのLiveは、どこでもクラブばりの音を全身で浴びる事ができていたはず。
Perfumeの3人だけではなく、音でも煽られていたんじゃないかと…
少し、話を変えますが
『白い紙』に『白い服の写真』を切り抜いて印刷するには、どうしたら良いか?
普通なら白に白なので、白い服に気づかないと思います。
この場合、白い服を『気持ち蒼く』して白い紙に置きます。
そうすると、紙よりも服の方が『より白く』感じ
白い紙に白い服を置くことができます。
ではプリンターで『黒いカラス』を『黒い背景』に置くには、どうしたら良いか?
家庭用プリンターでも最低限 シアン(青)、マゼンタ(赤)、黄色、黒の4色はあると思います。
そこで背景の黒をシアン+黒、カラスは4色のベタ塗りでプリントすると
黒いカラスが居る事が分かると思います。
音も同様、『爆音に感じられる音作り』っていうのがあると思います。
ボリュームをMAXにすると言う『爆音』ではなくて
引き算ができるというか、際立たせる事で感じる『爆音』があると思います。
たとえ、数値的に綺麗な音じゃなくても。
たとえ、常識から外れた設定であっても。
現場で響いてる音が現実。
『ガラスの揺れ方が違う』という事は、スピーカーの揺らし方が違うからでは?
佐々さんは、多分、Perfumeの楽曲で低音が効くスピーカーの揺らし方を
長年一緒に仕事をしてきた中で見つけていたのではないかと思います。
新しいPAさん、頑張って!!
私たちを『音』で楽しませて下さい。
貴方もPerfumeと一緒にステージに上がっているのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最近のコメント

TOPへ戻る