No perfume No Life

凍りついたままの6月

2009年6月28日 / Perfume

あの事があってから時が止まっているようだ、MIKIKO先生も…
衝撃は思ったよりも大きかったと思う。
少なくとも一人、立ち直っているフリをしている奴を知っている。
あの頻繁なBLOGの更新は何かを伝えたかったから?
書く事で、何かを紛らわせたかったのか?
色々と考えすぎて、勝手に心配してしまう。
本人かどうか確認できないが、あの掲示板の書き込みが切なく感じる。
言いたくない事は言わなくても良い。
でも、たった一つだけ教えて欲しい…「いつもと変わらない3人ですか?」
今でも「終わる」とか「ありがとう」って言葉に敏感になっている。
情けないね~俺。
宇田丸師匠のPodcastで、この騒動で「音楽が好きで嵌っていたはずなのに、動揺している原因は…」て話をしているけど、私は納得できなかった。
今、あの時よりも冷静でいれる頭で考えると…
「知らないうちに好きになっていた」そう思う。
「音楽が好き」から「歌っている君が好き」になっていたと思う。
気づかない内に…
で、この一件で気がついて「えっ、俺惚れてたんだ」って気持ちに驚きを感じて…もあるな。
あとは「家の娘に変な虫がついた~」とか「自分の娘の見たくない所を見てしまった」的な?
ただ、一つだけ師匠と一緒の意見がある
「クソっ!」…… みたいな(^^;
そうだ、あの写真週刊誌にお礼を言わせてもらわなきゃ。
「自分の気持ちをしっかり確認する事ができたヨ、一生応援したい・聞き続けていたいって。」
Perfumeへ
「君達が走り続ける限り付合わせて頂きます、だから覚悟して下さいネ (^^;」
…SPEEDも復活させちゃったからね~頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最近のコメント

TOPへ戻る